高松市の私立幼稚園「高松聖ヤコブ幼稚園」入園児募集中!未就園児への園庭開放もあるよ。

お問い合わせ087-861-0425
  • 情報公開
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム » 本園の概要
  • 園の一日
  • 給食
  • スクールバス
  • 年間行事紹介
  • ヤコブ通信
  • 日本聖公会 高松聖ヤコブ教会からのお知らせ

高松聖ヤコブ幼稚園 高松聖ヤコブ教会 関係者各位

 主のみ名を賛美いたします。
 高松聖ヤコブ幼稚園をご卒園されたみなさま、高松聖ヤコブ教会にご縁のあるみなさまには幼稚園の日ごろの活動にご理解、ご協力を賜り感謝申し上げます。
 高松聖ヤコブ幼稚園は、1952(昭和27)年、高松市天神前の地に産声を挙げ、今年で63年の歳月を重ね、卒園児は3,242名の多くを数え、神様の見守りの内にあって、今日まで地域に根ざ した幼稚園として歩んでまいりました。
 1966(昭和41)年に、現在の高松市西宝町に移転して以来、広い園庭に面した平屋建て園舎での生活を通して、たくさんの子どもたちの心と体を育んできました。しかし、年月の経過と共に園舎の老朽化がすすみ、大地震などの災害には不十分な強度であることが判明したため、このたび、国と香川県からの補助を受け、耐震改築工事(新築工事)を行う運びとなり、今年2月、無事に竣工いたしました。
 2階建て新園舎は、園庭を囲むように保育室を配置し、さらには保育室から園庭までの間にウッドデッキを敷き、屋内外での活動の中間部分に、自由と開放感のある空間を創りました。
 5歳児が生活する2階部分の保育室からホールまで続く廊下にも、広いウッドデッキを設けました。子どもたちは、そこから大好きな園庭を見下ろしたり、ともだちと自由に遊ぶなど、他の影響を受けずに自分たちの活動に集中することができます。これによって、ヤコブ幼稚園の保育が更に質の高いものになることを期待しました。
 しかし、新園舎建設は工事入札から不運と困難に見舞われました。一昨年9月に施工業者を選定しましたが、折り悪く建設費の高騰により、大幅なコストダウンを強いられ、2階部分のウッドデッキも資金不足のため、一時は長尺シートに変更されました。その結果、工事費総計は2億5千9百万円となりましたが、それでも、当初の予定より3,000万円も多く借入せねばならず、これが借入金の限度と判断しました。
 その後、理事会でウッドデッキ問題を協議しましたが、よりよい保育環境を提供するためには、2階のウッドデッキ設置は必要不可欠であるとの結論に至り、その費用を募金でまかない、幼稚園へ寄附することを決定いたしました。
 現3月末時点での募金状況は目標額に対して道半ばです。
 関係者各位におかれましては、どうかウッドデッキ募金の趣旨にご賛同してくださり、募金のご協力をよろしくお願いいたします。

2015年4月1日

学校法人高松聖ヤコブ幼稚園
「ウッドデッキ設置」募金事業実行委員会
代表 理事長・神戸教区主教 中村 豊

ウッドデッキ募金要領

募金目標額 600万円
募金期間 2014年10月1日から2017年8月31日まで
募金方法 1)募金金額
1口:5,000円
法人:2口以上  個人:何口でも可(1口以下の金額でも受付けます)
2)郵便局の通帳から下記の口座をご利用ください。
郵便局通帳口座
口座記号番号:01690-0-101058  加入者名:学校法人高松聖ヤコブ幼稚園
3)募金者芳名録を作成し、末永く保存させていただきます。
募金者には、募金期間終了後、遅くとも2017年10月迄に芳名録をお届けいたします。

この寄附は「特定公益増進法人」の認定を受けています。

みなさまからお寄せいただいた寄附金は「ウッドデッキ募金」として下記のとおり税法上の優遇措置を受けることができます。

個人でご寄附いただく場合 所得税法第78条第2項第3号に規定する所得控除適応の場合
寄附金額(注1)-2,000円=所得控除
(注1)寄附金額は、総所得金額の40%相当額が限度
なお、確定申告において所得控除を申請する際には、本園が発行した「寄附領収書」が必要となります。
別紙「寄附申込書」に必要事項を記入し、送っていただいた方に「寄附領収書」を郵送させていただきます。
法人でご寄附いただく場合 法人税法第37条第4項に規定する特定公益法人に対する寄附金として、一般寄附金の損金算入限度額とは別枠で、特別損金算入限度額まで損金に算入することができます。


 

学校法人高松聖ヤコブ幼稚園
〒760-0004 香川県高松市西宝町2丁目3-14
TEL:087-861-0425
FAX : 087-833-3538
E-mail: info@yakobuyo.com

Copyright© 学校法人高松聖ヤコブ幼稚園